<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

不精だなあ

全然ブログかいてなかったわあ。

でも特に書くことないなあ。
今日あったこと・・・・・勉強会ふたつでて・・・・終わり。
起伏のない毎日すごしてるわ。われながら。

鹿の解体実験にさそわれたからいってこよっかな。
[PR]
by past-digger | 2005-10-19 00:47 | 詮無きこと

西アジア

昨日の飲み会の話

うちの専修には自分が専門にしたいとおもっている西アジアの教授はいないけれども、
非常勤で一人先生がいます。
日ごろからめをかけてもらっているようで、某大学の博物館でアルバイトをさせていただいてるのも
その先生のお陰なのです。
先生の名前はOさんと言います。Oさんがきのう自分の前に来て、開口一番
「シリアに行かない?」と言ったからビックリ。
確かに前に発掘に行きたいとは言ったことがあるけど、本当に話がかかるとは。
ただ、シリアにいくといっても今年ではなく来年の夏で、確実にいけるかもわからない。
概算は高いようだけれども。

そりゃあね、本当に西アジアに行きたいからその話しを聞いた瞬間には本当に嬉しかったから
テンションは俄然UPですよ。
でも、Oさんに幾つか条件を出されました。

①飛行機代20万程度の自己負担
②西アジア考古学の勉強をつむこと
③院生レベルまで発掘の腕をつけること

①はともかく②と③は結構厳しいかも。あと一年もない期間で西アジアの考古学の範囲を
シリアだけじゃなくて把握しなきゃならない。それに、院生レベルまで発掘の腕をつけるっていうのも。ためしにOさんにうちの院生で一番できるとおもわれる人の名前をあげて

「〇〇さんなら連れて行けますか?」

と聞いたら

「〇〇が最低レベルだな。」

だって。きびしー。正直今の俺はその人の弟子みたいなもんで、まだまだ肩をならべるどころではない。師匠の五年間かけて磨いた技術を俺は2年半でみにつけなきゃいけないんだね。

でも、正直いうと条件の方はあんまり気にしてないんだ。
満たせるかはわからないけど、来年の夏までの自分のモチベーション維持のいい理由ができたと思うし。たぶん今まで以上に頑張れるだろう。

それに、やっぱり嬉しい。西アジアに連れて行ってもいいと思う人間に自分を選んでもらったことが。もちろん今の段階で連れて行けるというわけじゃなくて、Oさんには

「今の君の知識は15点。」っていわれたけど・・・・

だけど、期待してるとも言ってくれた。院生に西アジアを研究している先輩がいるんだけど、
その人には話しをせずに自分にだけ言ってくれたということ。過分ではあるけれど嬉しい。
きっとOさんはこいつなら条件を満たせると信じてくれたんだろう。
院生の人がお嬢様だっていうのもあるだろうけど。

シリアは夏には日中40℃をこえる過酷な気候条件だし、日本人数人でシリア人の作業員さんを使わなくちゃいけない。たぶん、自分が来年シリアに行ったら自分よりはるかに年上の人たちにアラビア語で指示をださなくちゃいけない。
毎年日本人の調査員さんの半分くらいは血尿だしてるらしい。
そういうところで、タフだっていうのは見せ付けてきたから、それも大きな要因なのかな。

あと、決定的なのは人員がたりないらしいです。調査団。
つまり、自分は運がいい。めぐり合わせがすごくいい。博物館で働いてるのもそう。
登れる古墳では日本一でかい古墳を測量できたのもそう。考古学に関しては本当にめぐり合わせがいい。これを活かさないのはアホだろう。

でも、すこしシリアに行くかどうかを考えようと思う。
なんで自分がシリアに、西アジアに発掘にいきたいのかがはっきり見えない。
ただの憧れなんじゃないかな。もしくは学部生で海外に発掘に行ける人なんかほとんどいないから他の人より早くいって優越感にひたりたいだけなんじゃないかな。
たぶん、自分が研究したいという理由が半分くらいで、上にあげたような理由が半分。
そんなんでシリアにいっていいのかな、と。
きっと自分の研究者としての人生を決めるような経験にはなると思う。
西アジアの研究にさらにのめりこむかもしれないし、つらい経験して挫折して考古学やめるかもしれないし、日本に転換するかもしれない。
だから、中途半端な気持ちではいきたくない。
まずは、勉強して、腕をつけて。西アジアのことをもっとしってから
自分が西アジアの考古学界で何をしたいのか。シリアにいって何を吸収したいのかを
はっきりさせたい。
くだらない理由と半々じゃなくて、九割くらいでもいいから
自分の研究のため、考古学をやっていく上での意義をみつけられたなら
そのときはシリアにいってこようと思ってます。

というわけで、長々と私情を書きまくりました。申し訳ない。
でもなんか、書きたくてね。決意表明みたいなもんかな。

まずは20万ためなきゃだー
[PR]
by past-digger | 2005-10-13 21:13 | アーケオロジー

また夢なんですけど・・・

今朝は、発掘してたら1m級の縄文土器を掘り出す夢を見ましたよ。
なんか、大丈夫なのかな俺。
そんな夢みてたら実際の発掘に寝坊するし。

さてさて、小ネタ。世界一大きい縄文式土器はここにあります
1mはこしてるなあ・・・・どうやって野焼きで焼いたんだこれ。
なぜこんなところに展示してあるのかもなぞ。


最後に、三名様。落胆させてすいません。
[PR]
by past-digger | 2005-10-07 00:55 | 詮無きこと

ゆずマンの秋

今日は久しぶりにお買い物に行きましてよ。
そろそろ帽子をかぶりだしてもいい季節なきがしたので、ニット帽を。
正直自分に帽子は似合わないけれども、顔をあらうだけであとはかぶればいいという
手軽さが大好き。

それはいいとして、ちょっときどってお茶の専門店とかいってみちゃいました。
香りがね、店の外からでも香ってくるのよ。茶葉ってこんなにいいにおいがするものなのかと
関心をひかれて入店。

「お客様、いかがですか?」
とお茶を差し出す店員さん。なんだかかぐわしい香りだなあとおもったら、柚子入りのお茶だった。
これが本当においしい。びっくりしてしまった。
おもわず購入ね。50gで750円したんだけど・・・これは高いんだろうか、よくわからん。
2.5gで100ml分らしいから・・・一袋で2Lか・・・2Lで750円ってことね。
うん、なんか、味と与えてくれるリラックスからするとお安いんじゃないんだろうか。

柚子茶もびっくりだけど店内も面白かったよ。
お茶に果物いれたり、香辛料いれたり。本当にいい香りがした。
それにしても、あんなに種類が沢山あるもんなんだね。200種類くらいあったんじゃないかな。
お茶ってすごい。

それで単純にお茶にはまるってわけにはさすがにいかないけど、
たまに買ってみて飲んでみると面白いのかも。

なんだか意味のわからないおばさんが店内でやたら店員にむかって
お茶のおいしさと自分の嗜好を大声で語ってるのを、店員があからさまに
いやがってるのも面白かった。それを写真にとる外人さん。
日本の文化では決してないのです。異端なのです。
[PR]
by past-digger | 2005-10-03 00:14 | 詮無きこと

解釈とかうんぬん

さてさて、みんなにさぶいぼたてさせたあたりで久しぶりに考古学の話でもしょうかな。

そういえば、一旦ブログを消す前にはほとんど考古学の話しなくなってたな。
別に情熱が薄れたわけじゃなくて、ただわからないことが本当に多くてかけなかっただけなんだけど。

昨日久しぶりに友達と話をして思ったこと。

More
[PR]
by past-digger | 2005-10-02 10:11 | アーケオロジー

恋愛バトン

バトンが回ってきてたらしいのです。
真面目にかくとO田監督に怒られるよね。ふざけると複数名に怒られるよね。
なるべく怒られることを減らしたいので真面目に書きます。O田監督、申し訳ありません。

読み返してみても別になんの面白みもね。ごめん。

More
[PR]
by past-digger | 2005-10-01 23:11 | 詮無きこと